PL学園野球部、今夏の大会で休部に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

PL学園野球部、今夏の大会で休部に

スポーツ 短信

甲子園球場
  • 甲子園球場
高校野球の名門PL学園が、大阪府高校野球連盟に同校職員の川上祐一氏を新監督として申請し、承認されたことが2月17日に分かった。同部は今夏の大会をもって休部する。

春夏通じて計7度の甲子園優勝を誇るPL学園。全国屈指の名門校を指揮することになった川上監督は、これまで野球の経験がなく高校時代は剣道部に所属していたという。

PL学園では2013年2月に発覚した部内暴力により、当時の監督が辞任。以後は校長が監督を兼務しながら、試合中のサインは選手たちが自発的に出すなどして活動を続けてきた。

PL学園は2015年春から新入部員の受け入れを停止しており、現在いる部員は全員2年生。3年生として迎える今夏の大会を最後に、いったん部は活動を休止する。廃部ではなく休部とし、時期を見て再開が検討されている。

数多くのプロ野球選手も輩出した名門の休部に高校野球ファンからは、「夏の大会でPL学園も最後か」「桑田清原世代としては寂しい。マスゲームも好きだった」「本当にすごい選手沢山いたんだけどな。どうしてこうなった」「大阪府民じゃないけど何か悲しい」「ただただ残念」など惜しむ声が多い。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top