広島からFAの木村昇吾、西武入団が決定「うれしく、ありがたい気持ち」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島からFAの木村昇吾、西武入団が決定「うれしく、ありがたい気持ち」

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
西武は2月5日、春季キャンプにテスト参加していた木村昇吾内野手の入団を発表した。真新しい背番号「0」のユニフォームで入団会見に臨んだ木村は、「このたび西武ライオンズさんに、正式に契約していただきました」と集まった報道陣に報告した。

オフに広島からFA宣言した木村。だが獲得を希望する球団は現れず、所属先探しが難航していた。広島もFA権行使後の残留、いわゆる宣言残留は認めない方針だったため、行き場のない日が続いた。

新しい動きがあったのは年末。西武が春季キャンプにテスト生として木村を参加させ、その結果によって契約を検討すると発表したのだ。崖っぷちからはい上がった木村は、「うれしく、ありがたい気持ちでいっぱいです。西武ライオンズの選手として、優勝に貢献できるよう頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

去就が注目されていた木村の入団発表に野球ファンからは、「西武いりおめでとうございます。野球する姿が見られるのは嬉しいね」「所属先が決まって良かった。ホッとしたよ」「ユーティリティプレイヤーは貴重。勝負所で活躍してほしいです」「カープにいてほしかったけど、西武でもがんばれ」「ほんとによかった」など、多くのコメントが寄せられている。

FA宣言から入団決定まで、多くのことを考えたという木村。だが晴れて入団発表となり、来る新シーズンに向けては「ここからはシーズンが終わったとき正しかった、これで良かったんだと胸を張って思えるようにやっていくだけ」と前を向いた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top