東京2020エンブレム、ベルギー人デザイナーが裁判手続きを破棄 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京2020エンブレム、ベルギー人デザイナーが裁判手続きを破棄

スポーツ 短信

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
国際オリンピック委員会(IOC)と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、訴えを起こされていた東京2020エンブレムに関しての発表を行った。

東京2020の旧エンブレムに関して訴えを起こしていたベルギー人デザイナーのオリビエ・ドビ氏とドビグラフィックデザインは、裁判手続きを破棄した。ドビ氏は、自身が手がけたリエージュ劇場のロゴと東京2020エンブレムが酷似していると提訴していた。

IOCと東京2020組織委員会は、東京2020エンブレムがドビ氏の著作権と著作者人格権を一切侵害していないとする立場を主張し、裁判所の判断を待っていたところだった。

リエージュ劇場も提訴を行っていたが、昨年9月22日にリエージュ劇場側が裁判手続きを破棄している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top