東京2020エンブレム、候補作品64点に絞られる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京2020エンブレム、候補作品64点に絞られる

東京2020組織委員会は、新エンブレムの2次審査を終え、64作品が通過したことを発表した。次回は2016年1月7日から9日にかけての審査で商標調査に進めるエンブレムを選ぶ。

スポーツ 短信
東京2020組織委員会は、新エンブレムの2次審査を終え、64作品が通過したことを発表した。次回は2016年1月7日から9日にかけての審査で商標調査に進めるエンブレムを選ぶ。

応募の総数は14599点、ここから2次審査に進んだのは311点だった。審査のようすはライブ配信されており、選定のようすをオープンにすることが重視されてきた。

宮田亮平委員長は、報道陣向けの報告で「審査員は頭がパンパン」「良いものはなんとなくある」など、独特の言い回しで審査の様子を随時発信している。

現状の64点から、2016年初の選考ではさらに厳選されることになる。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top