競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード

新着 製品/用品
競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
  • 競泳水着「ファストスキン レーザーレーサー J」本格販売…スピード
ゴールドウインのSpeedo(スピード)は、2016年1月末より、日本人トップスイマーに向けた日本製競泳トップモデル「Fastskin LZR Racer J(ファストスキン レーザーレーサー ジェイ)」の本格販売を開始する。

「ファストスキン レーザーレーサー J」は、Fastskin LZR Racer Xのコンセプトを踏襲した日本企画・日本製造のトップレーシングモデルだ。開発は、最先端のウエア開発技術と実績・ノウハウを持つゴールドウインテクニカルセンター(富山県小矢部市)。これまで同社ウェブストアで先行販売を行なっていたが、1月末より全国のSpeedo水着取り扱い店で本格販売が行われる。

欧米選手と日本選手の骨格の違いに着目し、オリンピック競泳メダリストの松田丈志選手をはじめとする多くの日本人トップスイマーの体型データを研究。日本人スイマーの体型にフィットする水着を目指して開発を行なった。ゴールドウイングループの固有技術「スマートシーム」を採用し、水の抵抗を抑えてタイムの短縮を狙う。

素材が一重になったスリット構造を腹部に設け、水中での適切なボディポジションをサポートするアブ・アクティベイターを採用。また、ボディ部分は息継ぎやローリング動作をしやすいようあまり締め付けず、筋肉のブレを抑えたいレッグ部分に高い着圧をかけている。ウイメンズは、フィット感と快適性にこだわったコンフォートショルダーストラップを採用。肩甲骨の動きを妨げず、腕がまわしやすく肩が痛くなりにくい。

価格は、Speedo Fastskin LZR Racer J ウィメンズニースキンが34,000円、Speedo Fastskin LZR Racer J メンズジャマーが23,000円。どちらも税抜きで、サイズは3S、SS、S、M、L、O。FINA承認モデル。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top