ヤマハ、スポーティタイプ電動アシスト自転車「PAS VIENTA5」「PAS Brace XL」を発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤマハ、スポーティタイプ電動アシスト自転車「PAS VIENTA5」「PAS Brace XL」を発売

新着 ビジネス
PAS VIENTA5 ソニックオレンジ
  • PAS VIENTA5 ソニックオレンジ
  • ヤマハ、スポーティタイプ電動アシスト自転車「PAS VIENTA5」「PAS Brace XL」を発売
  • PAS VIENTA5 マットブラック
  • 液晶マルチファンクションメーター
ヤマハ発動機は、スポーティタイプの電動アシスト自転車「PAS VIENTA5(パス ヴィエンタファイブ)」を7月18日より、「PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)」を8月29日より発売する。

「PAS VIENTA5」は、2011年の発売以来初めてとなるフルモデルチェンジを行い、男女を問わず手軽に爽快な走行を楽しめるスポーティカジュアルモデルとしてリニューアルされた。

フレームやグラフィックなどのデザインを全面的に見直したほか、新たにトリプルセンサーシステムを搭載し、よりなめらかで快適なアシスト走行を実現。また、多様化する電動アシスト自転車へのニーズに対応するため、リチウムイオンバッテリーを従来より約30%容量が大きい8.7Ahに変更、急速充電器やサークル錠を採用するなど実用性を高めつつ、実際の使用シーンに合わせ内装5段変速機を採用するなど機能の最適化を行い、購入しやすい価格設定を実現している。メーカー希望小売価格は129,060円(税込)。

「PAS Brace XL」は、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーと内装8段変速機を搭載し、通勤やサイクリングなどの長距離走行を快適に楽しめる本格派スポーティモデル。2014年モデルは、ハンドルグリップや変速シフター、ブレーキなどのパーツ変更、カラーラインナップの変更により、シャープでスピード感のあるスポーティなイメージが向上している。メーカー希望小売価格は163,080円(税込)。

2機種ともに、バッテリー残量と選択している走行モードから算出した残りアシスト走行可能距離や、消費カロリー、走行スピード、アシストパワーなどを表示できる「液晶マルチファンクションメーター」、ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現するヤマハ独自の機構「S.P.E.C.」など、従来から好評の特長はそのまま継承し、さらに便利に使用できる機能を追加している。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top