澤穂希、苦難の道のりも「サッカーを嫌いになったことは一度もありません」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

澤穂希、苦難の道のりも「サッカーを嫌いになったことは一度もありません」

スポーツ 選手

澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希の引退会見(2015年12月17日)
  • 澤穂希 参考画像(中央/2011年7月17日)
  • 澤穂希 参考画像(2015年5月24日)
  • 澤穂希 参考画像(2015年5月24日)
12月17日に引退会見を開いた女子サッカーの澤穂希(INAC神戸レオネッサ)。「20年以上にもおよぶ現役生活の中で、最もつらかったことは?」の質問に、アテネ五輪アジア予選を挙げた。

予選敗退の瀬戸際にヒザの負傷も重なった当時を、「つらかったのは2004年のアテネ五輪予選。北朝鮮に勝たなければアテネに行けないという大事な試合のとき、私自身もヒザのケガで出場が危ぶまれ、ストレスでじんま疹ができました。その時が大変だったかなと思います」と振り返る。

危機的な状況を乗り越えられたのは仲間のサポートがあったからと話す。

「手術するくらい大きなケガでしたし、アテネのオリンピックに行けるか、今後の女子サッカーはどうなるという不安もありました。でも、やっぱりその時も一緒に戦ってきた仲間がいました。私のリハビリを手伝ってくれたドクターやトレーナー、苦しいリハビリも仲間が一緒に走ってくれ、それで乗り越えることができました」

仲間からかけられた言葉で最も印象に残っているのは、何気ない一言だという。

「行けるか行けないか分からないときの『絶対大丈夫』という一言、その一言で頑張れたりする。私自身も後輩が緊張していたりするときは、『大丈夫だよ』と声はかけるようにしている。『大丈夫だよ』の一言は私にとって大きな励ましの言葉です」

澤は会見で繰り返し仲間の重要性、仲間がいたから自分は現役生活を続けてこられたと話した。最高の仲間とつかんだ、これ以上ない栄誉が2011年ドイツワールドカップ(W杯)の優勝だ。サッカー人生で最もうれしかった瞬間に、W杯優勝を挙げた。

「最高だった瞬間は、やっぱり2011年のドイツW杯で優勝したことです。日本女子サッカーの歴史を変えた日でもあるので、私にとっても日本女子サッカーにとっても忘れられない1日だと思います」

現役生活はいい時ばかりではなかったと振り返る澤。それでも会見では「サッカーを嫌いになったことは一度もありません」と晴れやかな顔で言いきった。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top