マンチェスター・シティ、イヘアナチョの珍ゴールで勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスター・シティ、イヘアナチョの珍ゴールで勝利

イングランド・プレミアリーグ第16節、マンチェスター・シティは12月12日にホームでスウォンジーと対戦した。試合は後半アディショナルタイム、ケレチ・イヘアナチョのゴールで勝ち越したマンチェスターCが2-1で辛勝した。

スポーツ 短信
サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
イングランド・プレミアリーグ第16節、マンチェスター・シティは12月12日にホームでスウォンジーと対戦した。試合は後半アディショナルタイム、ケレチ・イヘアナチョのゴールで勝ち越したマンチェスターCが2-1で辛勝した。

マンチェスターCを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督も、「もちろん安心している」と試合後の会見で語る辛勝だった。前半26分にボニー・ウィルフリードのゴールで先制するも、後半45分にスルーパスから抜け出したバフェティンビ・ゴミスに決められ1-1に追いつかれる。

終了間際の失点で引き分けかと思われたが、マンチェスターCは後半47分、ヤヤ・トゥーレのミドルシュートがイヘアナチョの背中に上がり高く浮き上がると、これが相手GKの頭を越えゴールに吸い込まれた。

幸運な得点で勝ち点3を獲得したペジェグリーニ監督は、「1-0で我々が勝っていればメディアにとっては完璧な試合だっただろう。完封して1-0で勝つことが大事だと言われるが、私はそうは思わない。重要な勝ち点3を獲得できたが、内容はよくなかったと思う」と試合を振り返った。

「1-0で勝とうが2-1で勝とうが、我々のプレーはよくなかった。だがこの3ポイントはウェストハム戦の不運な敗戦の埋め合わせだと思う。18回か20回のチャンスがありながら、決められなかった試合だ。こういう試合に勝つことはチームにとって非常に重要だ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top