リオ五輪テスト大会、田中亮明が男子ボクシングで優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオ五輪テスト大会、田中亮明が男子ボクシングで優勝

スポーツ 短信

ツイッターより
  • ツイッターより
  • ボクシング イメージ
ボクシングのリオ五輪テスト大会で12月6日、男子フライ級の田中亮明が優勝した。サウスポーから強打を繰り出す田中は、決勝でブラジル人選手と対戦。相手が目の上を切ったため1ラウンド2分41秒でTKO勝ちした。

リオ五輪のテスト大会で日本人金メダル第1号になった田中。ボクシングを始めたのは中学時代。2歳下の弟でプロボクサーの恒成は、2015年5月に日本選手最速デビュー5戦目でWBO世界ミニマム級王者となっている。

幼いころからプロの世界チャンピオンが目標だったという弟に対し、一貫してオリンピックを目指してきた兄・亮明。リオ五輪では“兄弟で世界一”を目指す。

■田中亮明選手のコメント

「全日本選手権、プレ五輪と続けて金メダルが獲れたので、この流れで本番でもメダルが獲得できるようにまた頑張っていきます」

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top