ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定

イベント スポーツ
ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定
  • ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定
  • ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定
  • ゴールボール女子日本代表がリオ・パラリンピック出場決定
リーフラスは、ゴールボール女子日本代表チームが、2016リオデジャネイロ・パラリンピック出場権を獲得したことを発表した。

ゴールボールは、目隠しを着用した1チーム3名のプレーヤーが、鈴の入ったボールを転がすように投球してゴールに入れる視覚障がい者の球技だ。同社所属の安達 阿記子選手が、ゴールボール女子日本代表チームエースとして、2015アジア・パシフィックチャンピオンシップに出場した。

中国と対戦した決勝戦で、安達選手が先制点を決め、その1点を守りきる形の1-0という結果で勝利。2015年11月12日(木)に日本代表チームが優勝し、2016リオデジャネイロ・パラリンピック出場権を獲得した。安達選手は、前大会の2012年ロンドン・パラリンピックゴールボール女子日本代表では、金メダルを獲得している。

安達選手は、正社員として同社に所属。ゴールボールと視覚障がいについての理解を深めるため、選手としての活動以外に小学校や中学校、企業での講演活動を実施。また、“athlete club”というプラットフォームを利用しながら、トレーニングノウハウの共有なども行っている。今後は、2016リオデジャネイロ・パラリンピックに向け、トレーニングを行いながら、講演活動や競技体験会に注力する予定だ。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top