マンチェスターC首位陥落、監督は疲労が敗因と分析 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスターC首位陥落、監督は疲労が敗因と分析

スポーツ 短信

マンチェスターC首位陥落、監督は疲労が敗因と分析(c)Getty Images
  • マンチェスターC首位陥落、監督は疲労が敗因と分析(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
マンチェスター・シティは12月5日、イングランド・プレミアリーグ第15節でストークと対戦し0-2で敗れた。敵地で今シーズン初の完封負けを喫したマヌエル・ペジェグリーニ監督は、怪我人続出によるメンバー固定がコンディションに影響したと話している。

マンチェスターCは試合開始7分、右サイドからのクロスをマルコ・アルナウトヴィッチに合わせられ、早くも先制を許してしまう。さらに前半15分にも、ジェルダン・シャチリのスルーパスからアルナウトヴィッチに決められ0-2。立ち上がりの連続失点で主導権を握られたマンチェスターCは、最後までいいところなく完敗した。

ペジェグリーニ監督は試合後の会見で、「この試合のプレーがこれほど悪かった理由は他にないと思う」と選手たちの疲労を敗因に挙げた。

「我々は同じ13人か14人で全部の大会を戦っている。選手たちは前の2試合から回復しきれていないようだった。リバプール戦の状況とは違ったと思う。あのときは代表戦の直後だった。今回は過去3戦と同じメンバーだった。だから勝つためのエネルギーを感じさせる戦いができなかった」

シティはダビド・シルバが復帰したものの、セルヒオ・アグエロ、ヤヤ・トゥーレ、ヴァンサン・コンパニ、パブロ・サバレタが離脱中。レスターに首位の座を明け渡し、アーセナルにも抜かれ3位に陥落したマンチェスターC。負傷者の復帰まで我慢が続く。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top