ナショナルズのストラスバーグ、背中の腫瘍摘出手術を受けていた | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナショナルズのストラスバーグ、背中の腫瘍摘出手術を受けていた

スポーツ 選手
スティーブン・ストラスバーグ 参考画像(2015年10月1日)
  • スティーブン・ストラスバーグ 参考画像(2015年10月1日)
  • スティーブン・ストラスバーグ 参考画像(2015年9月20日)
ワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が、背中の腫瘍を摘出していたことが分かった。球団の公式サイトが代理人スコット・ボラス氏のコメントを伝えている。

背中の腫瘍は良性だったが、投球時に違和感があり手術したというストラスバーグ。ボラス氏は「彼は背中にちょっとした腫瘍があったので、治療することにした」と話している。

2009年のドラフトで全体1位指名を受け入団したストラスバーグは、大学時代から最速166キロを投げる豪腕投手として注目された。2010年にメジャーデビューを果たしたが、シーズン中に右ヒジを痛めてトミー・ジョン手術を受ける。以降もたびたび離脱し、故障がちな投手と見られるようになった。

今季も23試合に登板し防御率3.46、11勝7敗を残したが、5月末から6月下旬まで首の張りを訴え離脱していた。

そのためファンからも、「故障が多いな。入団前の期待値が高過ぎたね」「入団時の期待を考えると物足りない」「ドラフト史上最高の投手と言われた素材だけに復活してほしい」「タイトルは獲ったがエースと言うには物足りない」など、もっと圧倒的な活躍を期待していたという声が聞かれる。

来季こそ「20年にひとりの逸材」と言われた実力を見せることができるか。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top