大一番のゲッツー崩しに賛否…メッツの遊撃手テハダ、腓骨骨折 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大一番のゲッツー崩しに賛否…メッツの遊撃手テハダ、腓骨骨折

スポーツ 選手
メッツのテハダが腓骨骨折、ゲッツー崩しでランナーと接触(c)Getty Images
  • メッツのテハダが腓骨骨折、ゲッツー崩しでランナーと接触(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
10月10日に行われたナショナル・リーグの地区シリーズ、ロサンゼルス・ドジャース対ニューヨーク・メッツ戦で負傷した、メッツの遊撃手ルーベン・テハダが右足腓骨骨折と診断された。

問題のシーンは、ドジャースが一挙4点を奪い逆転した七回に起こった。

1アウトでランナーは一塁、三塁。打者のハウィー・ケンドリックはセカンドゴロに倒れる。二塁手のダニエル・マーフィーがさばき、ボールをテハダにトスした。

テハダは二塁ベースを踏み、身体を回転させながら一塁へ送球しようとする。そこへ一塁ランナーのチェイス・アトリーが併殺を阻止しようと、テハダの足を刈るように滑り込んだ。テハダは勢いよく弾き飛ばされる。

このプレーにメッツファンからは「あんなものはスライディングじゃない。タックルだ」「我々は第2戦だけでなく、テハダも失った」「こんなことが許されていいのか」と、怒りの声が挙がる。

対して「アトリーのスライディングは問題なかった。問題は一塁ランナーが走ってきているのに、不用意に背を向けたテハダ側にあるんじゃないか」「これをダーティーなプレーなんて言う人は、普段から野球を見てないんだろ」「二塁手のトスも、もっと良いところに投げてやるべきだった」など、アトリーを擁護する意見もあった。

激しいプレーで選手を壊されただけでもメッツファンの怒りは収まらないが、さらに神経を逆なでしているのは、このプレー直後に「テハダは併殺の完成を急ぐあまり、二塁ベースを正確に踏んでいなかった」というドジャース側のチャレンジが認められたことだ。一旦はアウトを宣告されたアトリーが二塁上に残り、気持ちが乱れたかメッツ投手陣は連打で逆転を許した。

このプレーについてアトリー本人は、「まさか彼が背中を向けてくるなんて思わなかった。すべては一瞬のできごとだった」と話している。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top