阪神、外国人トリオの活躍で逆王手…巨人はエース・菅野智之が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、外国人トリオの活躍で逆王手…巨人はエース・菅野智之が誤算

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は10月12日、東京ドームで巨人と対戦。前の試合でサヨナラ負けを喫した阪神は、外国人トリオが活躍してファイナルステージ進出に逆王手。試合は4-2で阪神が勝利した。

阪神は初回、ゴメス内野手の2点本塁打とマートン外野手のソロ本塁打が飛び出し、幸先よく3点を先制。4回表には、1死二塁の好機に巨人の守備陣が乱れて、ラッキーな形で加点した。投げては先発したメッセンジャー投手が7回を投げて2失点の好投。巨人は先発したエース・菅野智之投手が誤算だった。

この結果に対して、「阪神が勝って面白くなってきた。巨人がすんなり今日も勝つかと思ったけど、意地を見せてくれた」「菅野で負けたのは誤算だろうな。巨人は今日で決めたかったはず」「メッセンジャーの今日の出来は良かった。この投手が調子いい時はそう簡単には打てない」など、逆王手をかけた阪神に期待するファンの声などが挙がっていた。

これで1勝1敗のタイ。両チームは12日、クライマックスシリーズのファイナルステージ進出をかけて対戦する。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top