阪神打線、沈黙…CS争いは最終戦の結果次第に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神打線、沈黙…CS争いは最終戦の結果次第に

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
クライマックスシリーズ進出圏内の3位を死守したい阪神と、逆転でのクライマックス出場を目指す広島が10月4日、甲子園で直接対決した。

広島は黒田博樹、阪神が藤浪晋太郎の先発で始まった試合。黒田は阪神打線を四回まで1安打に抑える好投を見せ、絶対に先に点はやらないという気迫を感じさせた。対する藤浪も三回までは順調に抑えてきたが四回、ランナーひとりを置いて苦手の松山竜平にカットボールを打たれる。打球はスタンドに飛び込む先制2ランになった。この回さらに藤浪は2点を失った。

阪神は五回に一死一塁、二塁の場面を作ると4失点の藤浪はあきらめ西岡剛を代打に送る。だが西岡はスプリットを打ってセカンドゴロの併殺に仕留められた。

黒田の前にランナーは出すもホームが遠かった阪神。自力でクライマックス進出を決めることができず、広島の結果待ちになった。

最後まで勝負弱さに泣かされたチームにファンは、「最終戦もこれじゃね…いったい毎年何がしたいんだか」「あの弱かった阪神に戻りつつあるのか」「ラストゲームは勝ってほしかったです」「終わりよければすべて良しもなく」「最後の最後までこの体たらく。結局今年は借金生活で終了かい」などの声を寄せている。

今年のセ・リーグも7日の広島対中日戦を残すのみとなった。この試合で広島が勝てば逆転クライマックス、引き分け以下なら阪神が3位となる。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top