【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル

スポーツ 短信
【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル(c)Getty Images
  • 【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル(c)Getty Images
  • 【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル(c)Getty Images
  • 【世界陸上2015】福島千里は準決勝敗退…女子100メートル(c)Getty Images
  • 陸上競技 イメージ
陸上の世界選手権は8月24日に女子100メートルの準決勝・決勝が行われ、日本の福島千里は11秒32で2組7位に終わり、決勝進出はならなかった。

日本の第一人者として長く世界と戦ってきた福島。予選では自身の持つ日本記録に0.02秒まで迫る11秒23をマークし、「状態はいい。次が勝負だと思うので頑張りたいと思います」と話していた。

だが日本人初の決勝進出をかけ臨んだ準決勝ではスタート良く飛び出したものの、中盤過ぎからは加速で勝る海外選手に離されてしまった。

福島はレース後「スタートで乗り切れなかったかなという部分はあります。ウォーミングアップが良かった分、あの(良い)スタートでも『もっと上げられる』と力みが出てしまったのかな」と話した。

決勝進出はならなかったが日本の代表として世界と勝負した福島に、「福島千里には毎回感動させられます。長く続けてほしい」「福島千里選手は準決勝敗退で残念だったけれど、格好良かった。私、福島選手の走り方が凄く好きだと思った」「ちょっとは分かってたつもりだけど、結構ショックだった。200は勿論観る!」「外国人選手の走りを見てると、こんなにも差があるのかと思ったね。それでも日本代表としてよく頑張ってくれたと思う」「無意識の力みがあったのかな。リオに向けての課題だね。頑張ってください」など、このあとの女子200メートル、そして2016年のリオ五輪に向けて頑張ってもらいたいという声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top