【津々見友彦の6輪生活】CATEYEの充電式ライト「VOLT700」…700ルーメンで驚きの明るさ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】CATEYEの充電式ライト「VOLT700」…700ルーメンで驚きの明るさ

オピニオン コラム
キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700(右)とシーコン・LINK HL-04
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
  • キャットアイ・VOLT700
今回は自転車用ヘッドライトの老舗、CATEYE(キャットアイ)の『VOLT700(ボルト700)』をテストした。

大阪に本社を置くキャットアイは、元々は自転車などのリフレクター(反射板)を手がける「津山金属製作所」から成長し、現在に至る。近年は自転車のサイクルコンピューターでも有名だ。

充電式ライトは当コラムで以前、xeccon(シーコン)社の『LINK(リンク)HL-04』を紹介している。コンパクトで300ルーメンと言う明るさ。しかもLEDで充電もできる。とても気に入っているライトだ。市街地や多少暗くても街灯のあるエリアなら、これがあれば充分。満足度はとても高かった。

ただ、ある時ほとんど街灯のない山道を走った。辺りは真っ暗。300ルーメンのLINK HL-04は充分に明るくその点では不満はない。しかし、気になったのはその明るいモードでのバッテリーの持続時間だ。1000mAhのリチウムポリマー電池を持つが、もっとも明るい「ハイモード」の持続時間はカタログ値で1.8時間だ。その時、山道から近くの駅まで、約1.3時間かかるので、夜間の走りで途中でバッテリーが切れるのを恐れて、持続時間を18時間としている「点滅モード」で山道を下った。


VOLT700(右)とLINK HL-04

ライトの丸い光は白くとても明るく見えるのだが、点滅させると丸い輪が動く波紋のように見える。池に石を投げ込んだ時のあの波紋だ。真っ暗の闇の中でじっとそれを見ながら走ると、何だか吸い込まれそうな、酔いそうな不思議な感覚になり、不安定な気持ちになってしまった。街灯などがある比較的明るい市街地では全く経験しなかった不思議な感覚だ。暗闇での点滅は目に負担がかかり疲れることが判った。

そこで、点滅ではなく常時点灯でもう少し長く使えるものを探した。発見したのがキャットアイのVOLT700だ。実は300ルーメンの『VOLT300』もあるが、さらに上の明るさを求めて今回はVOLT700を選んだ。ボディの質感も高く、丸型で長めのデザインもかなり良い。



■VOLT700のスペック
サイズ:116x31.2x43.2 mm、重量:140g(カートリッジバッテリーを含む)、光源:高輝度白色LED1灯、使用電池:Li-ion 3.6V 3100mAh、標準充電時間:約5時間~11時間、繰返し充放電回数:標準300回 (定格容量の70%の容量低下まで)、価格:1万5000円(税抜き)

■使用可能時間
ダイナミック:約2時間、ノーマル: 約3.5時間、オールナイト: 約10時間、ハイパーコンスタント: 約7時間、点滅:約50時間、標準充電時間: 約5時間~11時間

手にとって見ると、140gなので手にズシリと重さは感じる。それもそのはず、3100mAhと前述のLINK HL-04の約3倍ものバッテリー容量がある。だが、700ルーメンと言う驚きの明るさだ。しかもUSBで充電できて経済的だ。

【次ページ CATEYEの充電式ライト「VOLT700」の照射テスト】
《津々見友彦》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top