ルート・デュ・シュドでアシストの新城。「いい感触が戻ってきた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ルート・デュ・シュドでアシストの新城。「いい感触が戻ってきた」

スポーツ 短信
ルート・デュ・シュドでアシストの新城。「いい感触が戻ってきた」
  • ルート・デュ・シュドでアシストの新城。「いい感触が戻ってきた」
  • ルート・デュ・シュド第1ステージ。笑顔でスタートしていく新城
  • ルート・デュ・シュド第1ステージ。遅れてゴールする新城
ルート・デュ・シュド第1ステージが6月18日にフランス南西部のオートピレネー県で行われ、ヨーロッパカーの新城幸也はアシストとしての仕事をこなし、トップから8分1秒遅れの105位でゴールした。

この地域独特の丘陵地帯を204km走るレース。序盤に4選手の先頭グルーブが構成され、この逃げが容認されるが、集団はコースの地形を考慮して大きなタイム差が付かないよう、コンタドールを擁するティンコフ・サクソ、エーススプリンターにブライアン・コカーを起用するヨーロッパカーが集団の主導権を握る形でコントロールしながらレースが進んだ。中盤戦の80~120km付近までは新城が積極的に集団の先頭で牽引する姿も見られた。

後半になると逃げの選手とのタイム差が2分ほどに迫ったタイミングで、再びヨーロッパカーが集団を牽引。逃げていた4名が集団に吸収されそうになると、4名のうち1名が飛び出し、そこに後続集団から新たに3選手が合流。再び4名がリードする展開となる。この先頭集団にティンコフ・サクソの選手も含まれていたため、ヨーロッパカーが中心となり追いかける。

残り2kmで集団は一つになり、そこからロングスパートなどがかかるが、コースマップでは表記されていなかった長い登りゴールで集団は崩壊。上りゴールを制したのは今季春先から好調のステーフェン・トロネット(オーベル93)で、コカーは16位に終わった。

「ブライアン(・コカー)のためにチームみんなでレースを作ったけど、最後は残念だった。久々に先頭をひいて、感触が戻ってきたと思う」と新城。

「まだ復帰してからレースも少ないので、パワーが戻ってきているというわけではないが、これでやっとエンジンがかかってきたという感じ。1ステージごとに調子も上がっていくだろう」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top