アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売

新着 製品/用品
アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
  • アキコーポレーション、ひと味違ったデザイン「グイー」最新アイテム発売
アキコーポレーションは、ひと味変わったデザインと機能性でサイクリングをより楽しくするブランド「GUEE(グイー)」の最新アイテムの発売を開始すると発表した。

「グイー」は、2010年に設立された、日本に上陸して間もないブランドだ。少数精鋭の開発チームが生み出すアイテムは、デザイン性や小技を効かせた実用性に優れたアイテムばかり。通勤・通学ライドや普段づかいなどの日常のライディングから、ロングライドやツーリングなどの非日常のライディングまで、幅広いシーンで使用できる。

発売が開始された最新のアイテムは、11種類。「G-MOUNT LIGHT」は、ライト、サイクルコンピュータマウント、カメラマウントが1つになった、1つで3役をこなす万能ライト。点灯時間は3.5時間(点灯)、7時間(ストロボ)、10時間(フラッシュ)。充電時間は1時間50分。8,500円。

「D-CAGE」は、通常のバイクボトルとペットボトルもホールドできる万能ボトルケージ。寒冷地でも割れにくい。1,400円。「THETA」は、明るい街中、暗い路地や河川敷など変化する明るさに対応し、自動でライトの明るさを4段階で調節する高機能ライト。点灯時間は2.7時間(Hi)、5時間(ノーマル)、8時間(LOW)。充電時間は3時間。6,000円。

「SOL300 PLUS」は、明るい街中、暗い路地や河川敷など変化する明るさに対応し、自動でライトの明るさを4段階で調節する高機能ライト。オートモード、マニュアルモード搭載。点灯時間はマニュアルモード/2時間(Hi)、5.5時間(LOW)、15時間(フラッシュ)。充電時間3時間30分。7,300円。どんなバイクにもフィットするデザインが特徴のライト「INOX mini」は、180°の照射角度と300ルーメンの明るさをもつ。点灯時間は2時間(Hi)、5.5時間(LOW)、15時間(フラッシュ)。充電時間3時間30分。5,200円。

「INOX mini-R」は、後方に加え、路面を明るく照らす機能を持たせた360°照らすテールライト。点灯時間は2時間(Hi)、5.5時間(LOW)、15時間(フラッシュ)。充電時間3時間。4,100円。バッグやキャップのバイザーにも取り付けできるライト「FLIPIT」は、小型サイズながら、160°を照らす照射角度を持つ。点灯時間は7.5時間(点灯)、10時間(ストロボ)、15時間(フラッシュ)。充電時間2時間20分。

「SIO」は、100%シリコンで製作されたノンスリップタイプのバーテープ。滑りにくいSio dimple cross 表面デザインでグローブ無しでも、手になじみグリップ効果が特徴。全8色。4,000円。クロスカントリー、トレイルライドに対応するシリコングリップ「KD Sport」と、角形のシリコングリップ「KD Comfort」は、2,600円。シンプルな握り心地シリコングリップ「ViVi」は、2,200円。すべて税抜き。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top