【ジロ・デ・イタリア15】アール、2連勝をチームメイトに感謝「ランダとの関係は最高」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】アール、2連勝をチームメイトに感謝「ランダとの関係は最高」

スポーツ 短信
2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
2015年ジロ・デ・イタリア、5月30日の第20ステージ、イタリアのファビオ・アール(アスタナ)が今大会最後の山岳ステージを制し、2連勝を飾った。

チマ・コッピのフィネストレ峠では、チームメイトで総合3位のミケル・ランダがアタックしたが、最後の3級山岳ではアールらの追走集団が追いついた。その後、ランダはアールのアシストに回り、ラスト2kmでアールがアタックした。

この結果、アールは前日に続くステージ優勝を獲得し、総合2位と新人賞のマリアビアンカを確定した。

「ミケルの動きはすごかったし、差を開いた。このジロですばらしい才能を持っていることを証明したね。それからアルベルト(コンタドール)が遅れたとき、僕はヘシェダル、ウランと一緒だった。差が開いたと聞くまで僕は彼らの後ろに留まり、それから僕も引き始めた。先頭に追いついたら、ミケルがすごい仕事をしたんだ」

「僕の考えでは、僕たちの戦術は的を得ていた。チーム全員がベストを尽くしたこともさらに重要だった。僕とミケルの関係は最高だよ。仲よくやっているし、ジロ中の彼の姿勢はすばらしかった」

「モルティローロ(第16ステージ)で僕が彼についていく脚を持っていなかったとき、彼が6~7km待って、それからコンタドールのところまで上がって、最後はすばらしいステージ優勝を挙げたのは今後もずっと忘れないよ。彼は自分のレースをせずに、僕を待った。彼に敬意を表するし、感謝している。彼は偉大なチャンピオンだし、このジロでステージ2勝したんだ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top