【ジロ・デ・イタリア15】第16ステージ、ランダが山岳2連勝で総合2位浮上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】第16ステージ、ランダが山岳2連勝で総合2位浮上

スポーツ 短信
2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ミケル・ランダ(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ミケル・ランダ(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、コースプロフィール
2015年ジロ・デ・イタリア、5月26日の第16ステージはピンツォーロ~アプリーカ間の174km。厳しい山岳コースでスペインのミケル・ランダ(アスタナ)がステージ2連勝を飾り、総合2位に浮上した。

2度目の休息日明けのこの日は、激坂の1級山岳モルティローロを含む山岳ステージ。序盤は11人が逃げ、その中から1度目の3級山岳アプリーカの上りでライダー・ヘシェダル(キャノンデール・ガーミン)が単独先頭に立つ。

その下り、メイン集団でマリアローザのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がパンク。チームメイトのイバン・バッソからホイールを譲り受けるが、集団前方ではアスタナとカチューシャが加速し、コンタドールらの集団は取り残される。

モルティローロのふもとでヘシェダルはアスタナらの集団に吸収されるが、後方ではコンタドールが単独で追走を開始する。

先頭はファビオ・アールとランダのアスタナ勢、ステフェン・クルイシュウィック(ロットNLジャンボ)の3人に絞られるが、残り40kmでコンタドールがここに追い付く。さらに総合2位のアールが脱落してどんどん差を広げられると、残り17kmでパンクし、さらに後退する。

先頭のコンタドール、ランダ、クルイシュウィックの争いはラスト4kmでランダがアタック。そのまま独走し、第15ステージに続く山岳ステージ2連勝を飾った。2位はクルイシュウィック、3位はコンタドールでともに38秒差だった。

この結果、コンタドールはマリアローザを守り、ランダが4分02秒差の総合2位に浮上。アールはチームメイトに逆転され、4分52秒差の総合3位に後退した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top