【ジロ・デ・イタリア15】アール、復活の勝利「過去数日のことがあったから、特にハッピー」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】アール、復活の勝利「過去数日のことがあったから、特にハッピー」

スポーツ 短信
2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、アスタナ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ファビオ・アール(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
2015年ジロ・デ・イタリア、5月29日の第19ステージ、ここ数日チームメイトのミケル・ランダの陰に隠れていたファビオ・アール(アスタナ)が復活の勝利を挙げた。

ランダが第15、16ステージを連勝する一方、アールは少しずつタイムを失い、ランダに総合2位の座を明け渡していた。

しかし、この日はラスト7kmでアタックし、マリアローザのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がランダを警戒する中、そのまま上りを独走で逃げ切ってステージ優勝を獲得。さらに、ランダから総合2位の座を奪い返した。

「最後の100kmは、大好きなU23レースのジロ・デ・バルダオスタで走っていたので暗記していた。この地域とは強い結びつきを感じるんだ。最後の数mで何を考えていたかはわからなかった。20日間、チームはずっと僕のそばにいてくれた。厳しい時間もね。今日はチームメイトがレースを作った。チーム全員が、スタートからフィニッシュまで最高だったよ」

「ラスト7kmの苦しみはモルティローロ(第16ステージ)のラスト40kmと同じだった。あらゆることが頭を通り過ぎるけど、それが自分に影響しないようにすることを学んだんだ。その能力がここでは何日も役立った。脚よりも頭でペダルを踏んでいるんだ」

「去年のモンテカンピオーネは僕の初勝利だから、特別だった。でもこの勝利は僕が経験したこと、過去数日のことがあったから、特にハッピーなんだ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top