「ツール・ド・東北2015」気仙沼ワンウェイフォンドを創設、募集人数を3500名に拡大 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ツール・ド・東北2015」気仙沼ワンウェイフォンドを創設、募集人数を3500名に拡大

スポーツ 短信
「ツール・ド・東北2015」気仙沼ワンウェイフォンド(95km)
  • 「ツール・ド・東北2015」気仙沼ワンウェイフォンド(95km)
  • ツール・ド・東北2015
  • ツール・ド・東北2015
  • 「ツール・ド・東北2015」気仙沼フォンド(211km)
  • 「ツール・ド・東北2015」南三陸フォンド(170km)
  • 「ツール・ド・東北2015」北上フォンド(100km)
  • 「ツール・ド・東北2015」女川・雄勝フォンド(60km)
東日本大震災の復興支援および、震災の記憶を未来に残していくことを目的に、2015年9月13日に開催される自転車イベント「ツール・ド・東北 2015」の開催概要が、4月14日に主催の株式会社河北新報社とヤフー株式会社から発表された。

今大会は、石巻市、女川町、南三陸町、気仙沼市の2市2町を舞台とし、より多くの人がより広い地域を走り、被災地の現状と変化を感じる大会を目指す。

「ツール・ド・東北」は、まだ道半ばの東北の復興を長期にわたって支えるため、10年の継続開催をひとつの目標として2013年に開始。大会を開催する宮城県では、今年3月21日に新しい女川駅が開業しJR石巻線が全線復旧。また、5月30日には仙台・石巻間を結ぶJR仙石線が全線復旧を予定しており、 震災から約4年の時を経て、着実に復興が進みつつある。

3年目を迎える今大会では、 被災地の現状や変化を感じるとともに、より多くの人に食をはじめとする“東北の魅力”に触れていただくことを目指している。

今大会は、 昨年の申し込み状況をふまえ、 募集人数を前大会の3,000名から3,500名に増枠。また、「長距離を走るのは難しいけれど、より広い地域を走りたい」というライダーの要望に応えるため、気仙沼市をスタート地点とする“気仙沼ワンウェイフォンド(95km)”を創設した。

昨年は、220kmを走るライダーしか気仙沼市を訪れることができなかったが、“気仙沼ワンウェイフォンド”を設けることで、より多くの人が気仙沼を走れるようになる。また、石巻市に加え気仙沼市をスタート地点とすることにより、大会当日だけでなく前日の滞在も含めて、 より広い被災地の現状を見たり、 地元の魅力を味わったりしていただくこも可能だ。

また、コース各所に設ける休憩箇所“エイドステーション”では、昨年同様に地元の旬の食材を活かしたさまざまなフードを提供する。今年は“女川・雄勝フォンド(60km) ”で立ち寄れるエイドステーションを昨年の2か所から3か所に増設し、初心者でも参加しやすいショートコースでも、地元の食を十分に楽しめるようになる。

なお今年も石巻専修大学会場では大会前日・当日ともに、ライダーの帯同者や地元の人などのサイクリングイベントに参加しない人にも楽めるイベントや、ご当地グルメを楽しめる店舗の出店などを予定している。

エントリーは公式サイト(http://tourdetohoku.yahoo.co.jp)からの申し込みで、優先出走エントリーが2015 年 4 月下旬予定、一般出走エントリーが、2015年5月中旬予定。抽選結果発表は、2014年6月上旬予定。エントリー料は、8000~15000円となっている。コースのルートや距離は変更になる可能性がある。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top