【プロ野球】終盤の追い上げでヤクルトが逆転勝利…DeNAは山口が危険球で退場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】終盤の追い上げでヤクルトが逆転勝利…DeNAは山口が危険球で退場

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
4月4日のDeNA対ヤクルト戦は、初回にDeNAが筒香嘉智の第3号ツーランホームランで先制するも、その後は追加点が奪えず。逆に終盤の追い上げで逆転を許し2-6で敗れた。

七回表に荒木貴裕のタイムリーで同点に追いついたヤクルトは八回、この回からマウンドに上がったヨスラン・エレラを攻める。

まずは先頭の山田哲人がヒットで出塁。雄平、畠山和洋は倒れるがショートゴロの間に山田が三塁に進み、上田剛史がライトへのタイムリースリーベースヒットで逆転。中村悠平も続き終盤でヤクルトが2点を勝ち越した。

今シーズンここまで好投を続けてきたエレラだったが、開幕8試合で5度目の登板に疲れもあったか、3安打2失点の誤算。負け投手になった。

九回にも雄平のタイムリーで2点を追加したヤクルト。これで3連勝だ。良い勝ち方を続けているチームにファンも、「2試合連続の満塁弾があったり、日替わりヒーローがあったり、今年こそ、優勝だ!」「今年こそ、今年こそ、今年こそ!」「予想してたとはいえ、これなら、ほんとに優勝しちゃうぞ」など、久しぶりの頂点へ期待が高まる。

一方この試合ではDeNAの山口俊投手が四回に危険球で退場。ボールが頭部を直撃した田中浩康は、この打席で退いた。ファンからは、「田中選手が心配です」「試合は勝ったのは良かったけど、田中浩康選手が、とても心配です」と、怪我の具合を心配するコメントが寄せられている。

今季ここまで打率4割を超えていた田中。長期離脱となればチームに与える影響も大きい。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top