【プロ野球】ヤクルト・成瀬、初回3失点も移籍後初勝利! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ヤクルト・成瀬、初回3失点も移籍後初勝利!

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ヤクルトは3月31日、神宮球場で阪神と対戦。ヤクルト先発の成瀬善久投手は、初回にロッテ時代の同僚だった西岡剛内野手に手痛い3点本塁打を食らうも、その後は気持ちを切り替えて5回まで粘投。移籍後初勝利を手にした。

「地に足がついていなかった」。そう試合後に話した成瀬。1アウトを取るまではどこかフワフワしていたようで、ベテランらしさが感じられなかった。それでも、その後は無失点でしのぎ、味方打線の逆転劇を呼び込んだ。

これに対してファンは、「成瀬おめでとう!とりあえず1勝して落ち着いたんじゃないかな」「最初はどうなるかと思ったけど踏ん張ったね。そこはさすが!」「打線に感謝だな!次は完封してほしい」など、今後の活躍に期待している。

この日の投球は成瀬としては不完全燃焼。ただ、結果としてひとつ勝てたことで精神的な余裕もできただろう。次戦以降での快投を期待したい。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top