【プロ野球】4勝1敗でリーグトップに立つ阪神、1点が遠かったヤクルト | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】4勝1敗でリーグトップに立つ阪神、1点が遠かったヤクルト

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
4月1日のヤクルト対阪神の試合は、阪神が相手の守備にミスが生まれたところから得点し、2-1で勝利した。ヤクルトはヒット9本を放ったが走塁ミスもあり、ホームが遠かった。

ヤクルトは阪神先発・岩本輝の前に三回までノーヒットに抑えられるが、四回に田中浩康がライトへチーム初安打。雄平もツーベースヒットで続き2アウト二塁、三塁とする。だが畠山和洋が倒れ無得点に終わった。

阪神は六回に松元ユウイチのエラーで2アウトからランナーを出す。そして2アウト一塁、二塁となったところで大和に走者一掃のタイムリーツーベースヒットが生まれ、2点を先制した。

ミスを取り返したいユウイチは七回、二塁と三塁にランナー置いてレフトへの犠牲フライ。ヤクルトが1点返す。ヤクルトは八回にも一塁、二塁にランナーを置き川端慎吾が外野の頭を越すフェンス直撃のヒット。しかし二塁ランナーの荒木貴裕は打球の判断に迷い、スタートが遅れホームでタッチアウトになった。

八回から継投に入った阪神は、九回のマウンドに守護神の呉昇桓を送る。呉は2本のヒットを許し得点圏にランナー背負うが、最後は中村悠平をレフトフライに仕留め1点差を守り切った。

最終回にハラハラさせられたファンからは、「冷や冷やさせやがって呉昇桓。勝ったからええもんの」「それにしても呉昇桓フラフラ過ぎて明日あたりヤクルト打線にやられそう」と、守護神の不調を心配する声が聞かれた。

だが4勝1敗でリーグトップに立つ阪神。好調なスタートに「こういう勝ちを多く拾ったチームが優勝するのだよ」「岩本くん、3年ぶりの勝利おめでとう!」「今日の影のヒーロー福留!あの8回の守備は本当に素晴らしかった!」など、阪神ファンも上機嫌だ。

3戦目も勝ち、開幕2カード連続で勝ち越して東京ドームの巨人戦に乗り込めるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top