【プロ野球】福田2試合連続ホームラン!…中日が今シーズン初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】福田2試合連続ホームラン!…中日が今シーズン初勝利

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
阪神との開幕3連戦、全敗で幕を開けた2015年シーズン。3月31日、ようやく中日に嬉しい今季初勝利が生まれた。ナゴヤドームで巨人と対戦し、5-3で勝利した。

中日は負傷の森野将彦に代わり5番ファーストで先発した福田永将が、さっそく二回の第1打席で起用に応える。カウント1-1からレフトスタンドへ2試合連続となるソロホームラン。中日が1点を先制した。

和製大砲と期待されながら出場機会がなく、ファンからは試合に使って欲しいと多くの声が寄せられていた福田。この活躍にも、「さすが福ちゃん!期待を裏切らない!」「久しぶりに生え抜き選手の大砲!めっちゃ期待してます」「福田をスタメンに固定するべき!中日は結果が出ないとすぐ切ってしまう」など、あらためて先発起用を求めた。

福田は六回にもタイムリーを放ち4打数3安打2打点の活躍だった。

若い力が頑張るならベテランも負けていられない。八回表の攻撃で同点に追いつかれた中日は、八回裏に1アウト満塁のチャンスを作り代打に小笠原道大を送る。小笠原は期待に応えるタイムリーヒット。この後、高橋周平も押し出しのフォアボールを選び、土壇場で中日が2点を勝ち越す。

最後は福谷浩司が巨人の反撃を0点に抑え、今シーズン初勝利の中日。待たされたファンからは、「これを待ってたよ」「やはりプロチームは、ホームで勝つのが一番です」など喜びの声が聞かれた。

黄金期の主力選手が今でもスタメンに残る中日。世代交代が進んでいないのは否めず、再び常勝軍団を目指す途上のチームとして、メンバーの若返りは必要だろう。ともに選手として戦ってきた谷繁元信兼任監督には頭の痛いところだが、これからも福田のように活きのいい選手が出て、レギュラーを脅かす存在になれるかが中日復活の鍵だ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top