【格闘技】ペティス敗れる、ドス・アンジョスが初のタイトル挑戦で戴冠…「ペティスの見せ場が皆無だった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【格闘技】ペティス敗れる、ドス・アンジョスが初のタイトル挑戦で戴冠…「ペティスの見せ場が皆無だった」

スポーツ 短信

ハファエル・ドス・アンジョス(2015年3月14日)
  • ハファエル・ドス・アンジョス(2015年3月14日)
  • アンソニー・ペティス対ハファエル・ドス・アンジョス(2015年3月14日)
  • アンソニー・ペティス対ハファエル・ドス・アンジョス(2015年3月14日)
  • ハファエル・ドス・アンジョス 参考画像(2014年12月13日)
  • アンソニー・ベティス 参考画像(2014年12月6日)
3月14日に行われたUFC185。メインカードはアンソニー・ペティス対ハファエル・ドス・アンジョスの、世界ライト級タイトルマッチ。試合は1ラウンドから王者を圧倒し続けたドス・アンジョスが判定5-0で制し、新チャンピオンが誕生した。

ドス・アンジョスは1ラウンドから積極的に動く。サウスポーの構えから左ミドル、左ストレートを出し、いきなりパンチがペティスの顔面をとらえた。被弾した王者はこれで「目が見えづらくなった」と試合後に語った。

そうなると主導権はドス・アンジョスが握る。強力な左ミドルとハイ、ストレートで押し込む。ペティスも後ろ回し蹴りを見せるなど、なんとか相手に傾いた試合の流れを取り戻そうとするが、勢いづくドス・アンジョスに飲み込まれてしまう。

1ラウンド終盤にテイクダウンも決め攻勢に出たドス・アンジョスは、2ラウンドも積極的に圧力をかけ強烈な打撃で押し込む。再びテイクダウンを奪うと、ペティスは1ラウンドにカットした右の目尻から出血が見られた。グラウンドで下になっても一瞬で極める力があるペティス。三角絞めを狙うが、ドス・アンジョスはすべて読んでいるかのように取らせない。ヒジとパウンドを巧みに使い、このラウンドも圧倒した。

3ラウンドも相変わらずドス・アンジョスが支配する。打撃からテイクダウンにいき、グラウンドではペティスをコントロールし、やりたいようにさせない。立ち上がろうとする相手のバックへすかさず回り、絡みついて放さない。

4ラウンドに入ると、ドス・アンジョスは極めにいく場面があった。テイクダウンを奪いグラウンドに引きずり込むと、立ち上がろうとするペティスの動きを制し、逆に腕を取ってキムラロック。ペティスは両手をクラッチし必死のディフェンス。手が離れた瞬間に勝負は決まる。会場もヒートアップしたが、ここは王者が意地を見せて防いだ。

5ラウンドに入っても、ドス・アンジョスは悲願のUFC王座に向けペースを落とさない。反対にペティスは時間が経つほど粘りがなくなり、テイクダウンからサイドにつかれ、バックも許した。最後もドス・アンジョスが攻めたまま終了のゴングが鳴る。

激戦区のライト級。長期政権を築くかに思われたペティスまさかの完封負けに、ファンからも「しばらくペティス政権が続くと思ったのにな」「ペティスの見せ場が皆無だった」「そんな。ペティスが負けたなんて」と、予想外という声が多く聞かれた。

ドス・アンジョスはUFCデビューいきなり2連敗から勝ち星と実績を積み重ね、6年以上かけようやくたどり着いた初めてのタイトルマッチ。堂々の王座奪取に「全ラウンドで王者を圧倒!凄えー!パーフェクト!」「ペティスが打撃であんなに押されるとは微塵も思えなかった。打撃、柔術、レスリングどれも強すぎて穴がない」など、強いチャンピオンの誕生を祝福した。

次から次に強者が現れるライト級。挑戦を受ける立場となったドス・アンジョスは、果たして長くその座を守ることができるだろうか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top