【格闘技】五輪レスリング王者セフード、カリアソを完封「KOボーナス欲しかった」…UFC185 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【格闘技】五輪レスリング王者セフード、カリアソを完封「KOボーナス欲しかった」…UFC185

スポーツ 短信
ヘンリー・セフード対クリス・カリアソ(2015年3月14日)
  • ヘンリー・セフード対クリス・カリアソ(2015年3月14日)
  • ヘンリー・セフード対クリス・カリアソ(2015年3月14日)
  • ヘンリー・セフード対クリス・カリアソ(2015年3月14日)
3月14日に行われたUFC185に北京五輪レスリングフリースタイル王者、ヘンリー・セフードが登場しクリス・カリアソを判定3-0で破った。

UFC2戦目のセフードだが、世界王座挑戦経験もあるカリアソに対し、レスリングで鍛えたテイクダウン能力とフィジカルで一方的に攻め、ジャッジ3人が30-27をつけるフルマークでの圧勝だった。

1ラウンドから鋭いタックルで2度のテイクダウンを奪い、グラウンドでは上になると顔面へヒジを打ち下ろす。カリアソは防戦一方で5分を過ごした。

2ラウンドに入ってもセフードの勢いは止まらない。テイクダウンを奪うと一本を狙いにいく。カリアソも巧みなガードで首は取らせない。立ち上がった両者だが、直後にまたセフードがテイクダウンを奪う。

最終3ラウンドに入ってもセフードがスタミナ切れ起こすことはなかった。グラウンドに引きずり込むと、上からヒジを打ち下ろしカリアソに反撃する隙を与えない。カリアソが相手の足を取る場面も合ったが、セフードが抜け出したところで試合終了後のゴングがなった。

相手に何もさせず一方的に攻め続けた完勝にファンは、「セフード強過ぎるな…」「良い勝ち方。レスリングスキルは別格でスタンドも上手い」「当たり前だが、レスリング力に差がありすぎる…。後はフィニッシュに持ち込めれば言うことなし」「打撃も良かったし、カリアソなんもできなかったですね」など、デメトリアス・ジョンソンが長期政権を築こうとしているフライ級に、面白い選手が現れたと喜んでいる。

それでも試合後セフードは「KOボーナスがもらえなかった」と、押し込みながら決めきれなかった点を反省した。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top