映画監督リチャード・グラツァー氏、難病で死去 「監督の作品もっと見たかった…」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

映画監督リチャード・グラツァー氏、難病で死去 「監督の作品もっと見たかった…」

新着 ビジネス

リチャード・グラツァー氏(2014年11月12日)(c)Getty Images
  • リチャード・グラツァー氏(2014年11月12日)(c)Getty Images
ハリウッド映画の監督、リチャード・グラツァー氏が難病の為にロサンゼルスで亡くなった。原因はALS(筋萎縮性側索硬化症)の合併症。63歳の若さだった。

ALSは、身体中の筋肉が衰えていく難病で、時間の経過とともに症状が悪化していくのが特徴。グラツァー監督は2015年の2月にも重度の呼吸不全を起こし、心肺停止するといった状態になっていた。

その時は24時間後に奇跡的に意識を回復することはできたものの今回は奇跡が起きなかった。

グラツァー監督は第87回アカデミー賞でジュリアン・ムーアが主演女優賞を受賞した『アリスのままで』の監督を務めていた。

ネット上では
「ジュリアンムーアのスピーチでも触れられてたけど、こんなにすぐだとは…」
「合掌。映画が楽しみです。」
「なんと…ちょうど昨日観てきたわ」
「監督の作品もっと見たかった・・・・。残念でなりません。」
「才能のある人が早く逝ってしまうのは本当に悲しいです。」

などと、悲しむ声が多数寄せられている。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top