2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子オムニウムはドイツのバイエルが制す 窪木一茂は17位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子オムニウムはドイツのバイエルが制す 窪木一茂は17位

スポーツ 短信
動画スクリーンショット
  • 動画スクリーンショット
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17、18日の男子オムニウムはドイツのマキシミリアン・バイエルが優勝した。

6種目のレースを戦い、その総合成績で争うオムニウム。バイエルはスクラッチ、エリミネーションレースで優勝、個人追い抜きで3位、1kmTTとフライングラップで9位、ポイントレースでもポイントを稼いでトータル220ポイントで総合優勝をつかみ取った。

2位はロット・スーダルにも所属するジャスパー・デブイスト(ベルギー)で206ポイント、3位はガエル・スーター(スイス)で178ポイント。日本の窪木一茂は、75ポイントで17位だった。

ポイントランキングでは、オムニウムの現ジュニア世界王者で今季がエリートデビューとなったフィリップ・ペデルセン(デンマーク)が合計269ポイントでワールドカップタイトルを獲得した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top