シクロクロス選手権開催、2015年のナショナルチャンピオンが各国で決まる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シクロクロス選手権開催、2015年のナショナルチャンピオンが各国で決まる

スポーツ 短信
ジェレミー・パワーズ(アメリカ)2014-15シクロクロスワールドカップ・イギリス・ミルトンキーンズ大会より
  • ジェレミー・パワーズ(アメリカ)2014-15シクロクロスワールドカップ・イギリス・ミルトンキーンズ大会より
1月10~12日は世界各地でシクロクロスの国内選手権が行われ、各国の2015年チャンピオンが誕生した。

世界王者ゼネク・スティバルがケガで欠場したチェコのエリート男子は、19歳のアダム・トウパリクが2位以下に1分差をつけて優勝した。

シクロクロス大国のひとつベルギーは、クラース・バントノウトがエリート男子で優勝、前年王者のベテラン、スベン・ネイスは4位だった。エリート女子はサンヌ・カントが連覇した。

オランダは既報通り、エリート男子がマチュー・バンデルポール、エリート女子をマリアンヌ・フォスが制している。

フランスもエリート男子の前年王者フランシス・ムレーが3位に終わり、クレメン・ロテレリが優勝を飾った。エリート女子はロードレースの現世界女王でもあるポーリン・フェランプレボがタイトルを守っている。

悪天候のため1日順延となり12日開催となったアメリカは、エリート男子はジェレミー・パワーズ、エリート女子はキャサリン・コンプトンがそれぞれタイトルを防衛した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top