【小さな山旅】「ニセ穂高」の異名を持つ朝日岳…那須岳(3) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【小さな山旅】「ニセ穂高」の異名を持つ朝日岳…那須岳(3)

オピニオン コラム
朝日岳登山道途中から見た茶臼岳。登山道には、手前にあるような大きな岩があちこちにある。夢の国にある、とある乗り物を思い出した。
  • 朝日岳登山道途中から見た茶臼岳。登山道には、手前にあるような大きな岩があちこちにある。夢の国にある、とある乗り物を思い出した。
  • 目の前にあるのが剣が峰。このこんもりした山を周回し、朝日岳の登山道に入る。
  • 剣が峰付近から見た朝日岳登山道。その険しさゆえ、「ニセ穂高」の異名を持つ。
  • 朝日岳の鎖場。ちょっと険しいが、注意をして歩けば初心者でも大丈夫!
  • 浮石による落石には注意が必要。登山中もたびたび「ラーック!」という声を聞いた。落石を発生させてしまったら、大声で叫ぶのが山のマナー。
  • 「朝日の肩(1,840m)」付近から見た朝日岳の頂上。
  • 朝日岳頂上。標高1,896m。頂上にはそれほどスペースがないのでゆっくりはできないが、パノラマ風景が楽しめる。
  • 頂上から歩いてきた道を振り返る。これを今から下るのか、とげんなり。
これから登る朝日岳の姿がどれかわからぬまま、峰の茶屋跡に到着する。ここで一休みしていると、一人の素敵な山ガールが現れた。彼女は本格的な山の服装。しかも、オシャレで美しい。

◆山での出会いを楽しむ

せっかく、山でこのような美しい女性と出会えたのだから、何かしら痕跡を残したい。そうだ、山の初心者のフリをして(いや、実際にその通りなのだが)、朝日岳の謎(どの山が朝日岳なのか)を解こうではないか。

「すみません」と筆者は素敵な山ガールに声をかけた。
「朝日岳って、どの山なんですか?」

恥ずかしがることなく、恥ずかしい質問をする。普通、そのくらいは前もって調べてくるべきなのだろうが。

「あの山ですよ」
素敵な山ガールは、朝日岳に向けて指を差す。その指先の方向を見ると、あの険しい岩山があるではないか。

「え? あのゴツゴツした山ですか? 手前の山ではなくて?」
耳と目を疑い、確認のためにもう一度質問をした。

「そうですよ。あの山ですよ」
山ガールの指差す山は、間違いなく険しい岩山を指していた。

筆者と、一緒にいた山のお供は顔を見合わせた。まさか、先ほど「人が登る山ではない」と言い表した山にこれから登ることになろうとは。

(コースを変更しようかな)
少々弱気になるも、せっかく遠征をしたのに一山だけでは物足りない気もする。行けるところまで行ってみようと気を取り直し、朝日岳に向けて歩みを再開した。

◆いざ、「ニセ穂高」へ!

峰の茶屋跡から、剣が峰の周囲をぐるりと歩いていくと、ゴツゴツした岩場が現れる。岩場の道には、ご丁寧に鎖が設置されていた。

鎖や岩に手をかけて、3本足、4本足の体勢になって登っていく。登っていると遠くから見たほどの険しさは感じない。それでも、一歩踏み外せば奈落の底まで落ちてしまいそうな崖や、ぐらついた浮石などがあり、気が抜けない。登りながら、下りの時のことを考えた。この道を下るのか、と思うと、登っている段階でげんなりさせられた。

頂上まで登りきると、今までに見たことがない絶景が広がっていた。標高1,896mから見る世界。すぐ傍に見える悠然とした茶臼岳の姿。今まで登ってきた険しい岩の道。朝日の肩から清水平に向けて延びる美しい稜線。遠くに見える名も知らぬ高山たち。高い山から見る景色は、どれもこれもが新鮮で、素晴らしく見えた。

さて、素晴らしい景色を堪能した後には、問題の下りが待っていた。うわぁ、ひえぇ、といちいち悲鳴をあげながら、おずおずと下っていく。急な下りが落ち着くと、景色を眺める余裕が生まれた。大きな茶色の岩が、あちこちに散らばるこの景色を見て、筆者はふと、ある風景を思い出す。

(これはまるで、ビッグサ●ダーマ●ンテンではないか!)

夢の国を彷彿させる景色。その乗り物に乗って、万歳した日を思い出したのであった。


御嶽山噴火による多くの被災者の皆様に対し、この場をお借りして心からご冥福をお祈りいたします。
《久米成佳》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top