元明大総監督・神川氏が、グルージャ盛岡を退任した理由…プロと大学サッカーの指導法の違いとは | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元明大総監督・神川氏が、グルージャ盛岡を退任した理由…プロと大学サッカーの指導法の違いとは

オピニオン ボイス

神川明彦氏
  • 神川明彦氏
J3リーグに所属するグルージャ盛岡の前監督である神川明彦氏。

長友佑都(インテル)らを輩出した明治大学サッカー部の元総監督でもある。明治大学の釜崎太准教授が開講するゼミの講義で、「グルージャ盛岡の監督を退任になってしまった理由は何ですか」という学生の率直な質問に答えた。

就任わずか1年でチームを去ることになった神川氏。「簡単に言うと選手と上手くいかなかったから。それだけです」と明かした。

「ピッチに立つと僕は選手に対して厳しい言葉かけなどをするのですが、プロの場では大学までやっていたやり方だと上手くいかなかった。プロとして、生活や人生をかけて活動している選手、大学サッカーを経験してこなかった選手は、ガツガツ指導するやり方に慣れていない」

「僕としては、結果は悪くなかったと思います。天皇杯ではJ1リーグに所属しているベガルタ仙台に5対2で勝利しましたし、僕が指揮を取った試合、全体としては6勝12分け12敗。得失点もマイナス4で、サッカーの内容もみるみる変わっていった」

実際にプロの現場を指揮してみて必要性を感じたのは「1対1で選手と話しながら指導すること」だ。

「大学の部活指導ではそうしたことをしなくていいんですよね。むしろそうした指導法を採ると他の選手から『監督はあいつとばかり喋っている』なんて思われてしまう。そこはいままでとの違いですね。この失敗から学んで変えていかなければ」

神川監督は2018年1月現在、明治大学附属明治中高サッカー部の総監督として活躍している。
《大日方航》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top