アギーレ監督の八百長疑惑に対し「何でもないと信じたい」と祈る声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アギーレ監督の八百長疑惑に対し「何でもないと信じたい」と祈る声

スポーツ 短信

日本代表のハビエル・アギーレ監督に八百長疑惑報道が起こっている。

2011年5月21日に行われたスペインリーグ最終節・サラゴサ対レバンテの試合、アギーレ氏が監督を務めていたサラゴサは勝って1部残留を決めた。

スペインのスポーツ紙は、この試合に八百長疑惑が浮上し、スペイン検察はアギーレ氏を含む20人以上の関係者に出頭を要請したと報じた。もし事実であれば禁固半年から4年の刑となる見込みで、日本代表チームへの影響も心配される。

この出来事に対しネットでは、

「アギーレを信じたい」
「何でもないはず」
「この件に関しては随分前から話題になっていたこと。それなのに契約した協会の責任は重い」
「まだ就任して3か月くらいなんだからどうとでもなる」

など、アギーレ監督を信じる声や日本代表への影響を心配する声があがっている。
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top