アギーレ監督の八百長疑惑に対し「何でもないと信じたい」と祈る声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アギーレ監督の八百長疑惑に対し「何でもないと信じたい」と祈る声

日本代表のハビエル・アギーレ監督に八百長疑惑報道が起こっている。

スポーツ 短信
日本代表のハビエル・アギーレ監督に八百長疑惑報道が起こっている。

2011年5月21日に行われたスペインリーグ最終節・サラゴサ対レバンテの試合、アギーレ氏が監督を務めていたサラゴサは勝って1部残留を決めた。

スペインのスポーツ紙は、この試合に八百長疑惑が浮上し、スペイン検察はアギーレ氏を含む20人以上の関係者に出頭を要請したと報じた。もし事実であれば禁固半年から4年の刑となる見込みで、日本代表チームへの影響も心配される。

この出来事に対しネットでは、

「アギーレを信じたい」
「何でもないはず」
「この件に関しては随分前から話題になっていたこと。それなのに契約した協会の責任は重い」
「まだ就任して3か月くらいなんだからどうとでもなる」

など、アギーレ監督を信じる声や日本代表への影響を心配する声があがっている。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top