【UCIロード世界選手権14】ホットシートのヒジかけに自転車ファン注目のこだわり | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】ホットシートのヒジかけに自転車ファン注目のこだわり

スポーツ 写真

2014年UCIロード世界選手権・女子エリート個人TT、リサ・ブレナー(ドイツ)が優勝(c)Getty Images
  • 2014年UCIロード世界選手権・女子エリート個人TT、リサ・ブレナー(ドイツ)が優勝(c)Getty Images
ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)をはじめ、各カテゴリーで5人の新世界チャンピオンが誕生した2014年UCIロード世界選手権のタイムトライアル。そのレース中に暫定トップタイムの選手が座るホットシートに、自転車ファン注目のこだわりが施されている。

選手たちの背後のバッグボードには、協賛各社のロゴに交じってシマノのロードコンポーネントの最高峰デュラエースの右クランクとチェーンリング(前ギア)が大きく描かれているのは、すぐにお気づきだろう。

それだけでなく、ホットシートのヒジかけにも注目して欲しい。なんと、これもデュラエースのSTIレバー(ブレーキと変速のレバー)を模した形状になっているのだ。

もちろん、シマノは世界選手権の公式スポンサーなので、ブランドPRのためにこのような造形がなされているのだが、自転車ファンならちょっとうれしくなるポイントだ。念のため付け加えておくと、タイムトライアルではDHバーなどを使用するため、このタイプのレバーはあまり使用されない。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top