ショップスタッフが最新バイクの魅力を徹底チェック 第1回ワイズロード社内試乗会 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ショップスタッフが最新バイクの魅力を徹底チェック 第1回ワイズロード社内試乗会

イベント 試乗会

第1回ワイズロード社内試乗会、ブランドスタッフとショップスタッフの貴重なコミュニケーションの場でもある
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、ブランドスタッフとショップスタッフの貴重なコミュニケーションの場でもある
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、全国30店舗から180人のスタッフが参加
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、国内外26ブランドから約300台の試乗車が用意された
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、最新モデルに試乗してその魅力を体感
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、最新モデルに試乗してその魅力を体感
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、最新モデルに試乗してその魅力を体感
  • 第1回ワイズロード社内試乗会、ステージ上では各ブランドのイチオシモデルも紹介
  • ワイ・インターナショナルの伊藤孝彦社長、試乗会の前には各ブランド担当者と約60kmのサイクリングを楽しんだとのこと
関東を中心に30店舗を展開するスポーツバイクショップのワイズロードによる「第1回ワイズロード社内試乗会」が行われた。

この試乗会は、ショップスタッフが最新2015年モデルにいち早く試乗し、その魅力を体感することで、今後の販売・接客に役立てるためのもの。この日は30店舗のうち一部をのぞいて臨時休業し、全国から約180人のスタッフが参加した。

コースは1周約5km。国内外26ブランドの協力で、ロードバイク、マウンテンバイク、小径車など約300台の試乗車が用意され、その乗り味を実際に走って確かめた。また、ステージ上では各ブランドのスタッフからイチオシモデルの紹介もあり、その魅力を伝えた。

試乗だけでなく、メーカーや輸入代理店のスタッフとワイズロードのスタッフが直接コミュニケーションをとることで、今後の接客に役立つ情報も手に入れていた。

ワイズロードを展開するワイ・インターナショナルの伊藤孝彦社長は

「ひとつのスポーツバイクは1~3年の時間をかけて作られる。例え自分がこれは好きじゃない、脚に合わないと思うモデルでも、他のお客さんには合うかもしれない。必ずいいところを見つけて、その魅力を店頭で伝えてほしい」

と試乗会の意図を説明。

「ここ数年、スポーツサイクルのすそのは広がり、インターナットや雑誌なで得られる情報も増えてきた。しかし、我々プロショップはその裏にある情報を大事にしたい。スタッフの中には普段はしっかり自転車に乗る機会がなかったり、バイクブランドの担当者と直接話す機会がない人もいるので、こういう機会を設けてよかった。スタッフが楽しそうに試乗してくれたのが何より。今日はロードバイクが中心だったが、今後は山でMTB、海でトライアスロンなどいろんなイベントを企画していきたい」と話していた。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top