UCIワールドツアーランキング、コンタドールが首位返り咲き ゲランスは3位浮上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

UCIワールドツアーランキング、コンタドールが首位返り咲き ゲランスは3位浮上

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第21ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第21ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第21ステージ
  • 超級山頂ゴールを制したコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第20ステージ)
  • 2014年グランプリ・シクリスト・ド・モントリオール、サイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)が優勝
  • 2014年グランプリ・シクリスト・ド・モントリオール、サイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)が優勝
2014年UCIワールドツアーの最新ランキングが、9月15日にUCI(国際自転車競技連合)の公式サイトで発表された。

ツール・ド・フランスでのケガを克服し、ブエルタ・ア・エスパーニャで3度目の総合優勝を飾ったアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)が620ポイントで首位に返り咲き、またカナダでのグランプリ・シクリスト・ド・ケベックとモントリオールの2連戦を連勝したサイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)がトータル478ポイントまで伸ばし、3位に浮上した。

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)はブエルタで総合3位に入ったものの、コンタドールに逆転を許し、604ポイントと僅差のランキング2位に後退。4位には、ツール王者のビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)が392ポイントでつけている。

またモントリオールで3位に入った世界王者ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ)は9位から6位、ブエルタ総合2位のクリストファー・フルーム(スカイ)は25位から7位にジャンプアップしている。

国別ランキングでは、ブエルタで総合4位以内に3人を送り込んだスペインが1716ポイントで首位をキープ。2位イタリアは1060ポイントと、大差が開いている。またゲランスの活躍によってオーストラリアはひとつ順位を上げ5位、さらにイギリスは7位、ドイツが9位とひとつずつランクアップしている。

チームランキングは、モビスターが1250ポイントでトップを守っているが、2位に浮上したティンコフ・サクソが1066ポイントと迫ってきている。3位に下がったAG2Rは919ポイントで、4位カチューシャが918ポイントとわずか1ポイント差につけている。

個人ランキング
1 アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)620
2 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)606
3 サイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)478
4 ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)392
5 ナイロ・キンタナ(モビスター)346
6 ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ)328
7 クリストファー・フルーム(スカイ)326
8 アレクサンドル・クリストフ(カチューシャ)321
9 ジャンクリストフ・ペロー(AG2R)300
10 ファビアン・カンチェラーラ(トレックファクトリーレーシング)286

国別ランキング
1 スペイン 1716
2 イタリア 1060
3 フランス 987
4 オランダ 957
5 オーストラリア 869

チームランキング
1 モビスター(スペイン)1250
2 ティンコフ・サクソ(ロシア)1066
3 AG2R(フランス)919
4 カチューシャ(ロシア)918
5 オメガファルマ・クイックステップ(ベルギー)866
《》

編集部おすすめの記事

page top