【ツール・ド・東北14】輪行で石巻へ、空には虹 ボランティア体験記(2) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北14】輪行で石巻へ、空には虹 ボランティア体験記(2)

イベント スポーツ

雨が上がり、石巻の空にはうっすら虹がかかった。見えるかな?
  • 雨が上がり、石巻の空にはうっすら虹がかかった。見えるかな?
  • 石巻駅、仮面ライダーやサイボーグ007がお出迎え
  • 輪行バッグとボストンバッグを抱えて出発。シューズやヘルメットなどかさばる荷物が多いのでちょっと大変
  • 石巻駅前、輪行バッグを抱えたサイクリストがたくさん
  • 駅から会場までのシャトルバス。自転車は下の荷物用スペースに積んでくれる
  • 石巻専修大の近くに並んでいた仮設住宅
  • 子供向けの自転車教室「ウィーラースクール」を主宰するブラッキー中島さん
  • 白戸太朗さん、田代恭嵩さんの初心者向け講習も見学
ツール・ド・東北にボランティアの走行管理ライダーとして参加するため、前日の9月13日、輪行で石巻へと向かった。

公共交通機関で石巻へ向かう場合、仙台を経由する人がほとんどだと思うが、仙台からはJRの在来線か宮城交通バスの2種類の交通手段がある。ところが宮城交通バスには輪行バッグを載せられないと公式サイトに書いてあり、僕も電話で確認してみたがやはりダメとのこと。JR在来線はバスよりも本数が少ないので、乗り換え時間を事前にちゃんと調べていないと、なかなか石巻までたどりつけないので、注意が必要だ。

と思っていたところ、帰りに石巻駅で輪行バッグをバスに積んでいる人も見かけたので、相談によっては対応してくれるのかもしれない。

それはさておき、仙台から在来線に乗り換えると、輪行バッグを抱えている人の数がグンと多くなった。みんなツール・ド・東北に向かうのだろう。

石巻駅では、サイボーグ007や仮面ライダーの等身大フィギュアが出迎えてくれた。震災のときも話題になっていたが、ここは漫画家の石ノ森章太郎さんの出身地で、街の中には記念館もある。駅以外にも石ノ森マンガのフィギュアやイラストなどが町中に飾られていて、世代的にちょっとテンションが上がってしまった。

駅前に出ると、小雨が降っていた。駅からは大会が用意してくれたシャトルバスで、会場の石巻専修大学へ向かう。

恥かしながら石巻へ来るのも、震災の被災地を訪れるもの自分には初めての経験だ。街中の様子はどうなっているのだろうと思っていたが、バスの車窓から眺める限りは、3年半前の震災を思い出すような光景はほとんどない。ときおり、建物の壁に津波の跡が残っていたり、仮設住宅が並んでいるのを見て、ハッと気づかされるぐらいだ。

石巻専修大についたのは午後4時ごろ。ときおり小雨がぱらつく中、会場内のブースを眺めながら、ウィーラースクールのブラッキー中島さん、初心者講習を担当していた白戸太朗さん、なるしまフレンド神宮店の藤野智一店長など、取材でお世話になっているみなさんと会えたので挨拶。白戸さんと藤野さんは、220kmを走るそうだ。

知り合いのカメラマンともばったり会って立ち話をしていると、空が晴れ、薄い虹が姿を現した。いい天気になりそうだ。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top