【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ダウンヒルで間一髪のコンタドール「どうやってクラッシュを避けたのかわからない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ダウンヒルで間一髪のコンタドール「どうやってクラッシュを避けたのかわからない」

スポーツ 短信

総合リーダーのコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第19ステージ)
  • 総合リーダーのコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第19ステージ)
  • 集団を牽くジャイアント・シマノ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第19ステージ)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月12日の第19ステージで総合首位のアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)が一瞬ヒヤリとするシーンがあった。

最後の2級山岳の下りで、目の前を走っていたダリオ・カタルド(スカイ)がクラッシュ。しかし、コンタドールは巻き込まれることなく切り抜け、総合でのリードを守った。なお、カタルドも右太ももなどを負傷しながら、ステージを完走している。

コンタドールはチームを通じ、次のように語っている。

「最後の短い上りでは、いい位置取りをしなければいけなかった。下りが難しいのは知っていたし、クラッシュのリスクは高かったからね。カタルドのクラッシュに引きずり込まれるのを避けられて、すごくラッキーだったね。どうやって避けたのかわからないよ。でも、トラブルなく1日を終えられてハッピーだし、もう明日のことを考えているよ」

13日の第20ステージ、最後のアンカレスの上りでは2012年のブエルタでコンタドールは2位に入っている。

「今年の上りはちょっと長いんだ。すごくハードだし、この山でタイム差がつくと思う。12kmで平均勾配8.7%だ。バッドデーだったら、1分19秒は十分なタイムじゃないね。でも、もちろんアドバンテージを持っている方がいいよ。自分を信じる必要があるし、明日どうなるかだね」

「フルーム(スカイ)が最も危険だ。最後から2つ目の上りでアタックがあるのは、悪いことだとは思わない。脚があれば、フルームについていくよ。あまり疑問の余地はないと思う。フルームが強いのは事実だね。彼は日に日によくなっているし、彼のアタックは強力だろう」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top