【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】コンタドールはバルベルデのマークに徹する「第20ステージではフルームについていく」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】コンタドールはバルベルデのマークに徹する「第20ステージではフルームについていく」

2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月11日の第18ステージでクリストファー・フルーム(スカイ)がアタックしたとき、マイヨロホのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)はアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)のマークに徹した。

スポーツ 短信
ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ
  • 総合リーダーのコンタドール(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第17ステージ)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月11日の第18ステージでクリストファー・フルーム(スカイ)がアタックしたとき、マイヨロホのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)はアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)のマークに徹した。

結果的にコンタドールはフルームを行かせたことになった。最後は総合2位に浮上したフルームより12秒遅れてゴールし、ボーナスタイムも加えて20秒の差を縮められた。チームを通じ、コンタドールはマークすべき相手はフルームに変わったと話している。

「もちろんタイムは失わない方がいいよ。でも、あまり問題じゃないといいね。僕は3人(バルベルデ、ロドリゲス)をコントロールしなければならなかったし、アレハンドロは表彰台を守らなきゃいけないと思ったんだ。このステージは彼にとって大チャンスだったけどね。僕たちがタイムを失ったのは事実だし、アンカレス(第20ステージ)ではフルームについていかないといけない。でも自分の調子には満足だ。また1日が終わったんだ」

「(フルームのアタックには)まったく驚かなかったよ。彼は集団の最後尾にいて、僕たちがアクセルを緩めたときにトライしたんだ。彼の後ろではカウンターアタックを避けるために、誰も必要以上の仕事をしたがらなかった。それがタイム差の理由のひとつだったね」

「土曜日のアンカレスに上るステージでは、レースはさまがわりするだろう。今日はクラシックのようなステージだったけど、アンカレスは超級山岳なんだ。(終盤の局面で単独だったら)もちろん、フルームについていったよ。数日後に後悔するかもしれないけど、今はまったく重要じゃないと思う」
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top