【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ボーネンは6年ぶりグランツール勝利に届かず「スプリントはなるようにしかならない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ボーネンは6年ぶりグランツール勝利に届かず「スプリントはなるようにしかならない」

スポーツ 短信

トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)
  • トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月4日の第12ステージでベルギーのスター選手、トム・ボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)はゴールスプリント争いに挑んだが2位に終わった。

ツール・デ・フランドル、パリ~ルーベなどクラシックレースを主戦場とするボーネンは、2011年ブエルタ以来3年ぶりのグランツール出場で、グランツールのステージ優勝は2008年ブエルタ以来遠ざかっている。

この日は、終盤のクラッシュで10数人に絞り込まれたスプリントで、ボーネンはジャイアント・シマノの2人、ラモン・シンケルダム、ジョン・デゲンコルプの背後3番手につけた。

ボーネンは、デゲンコルプより一瞬先にスプリントを開始。しかし、デゲンコルプは最後までボーネンを抑え込んでステージ優勝をつかみ、ボーネンは6年ぶりのグランツール勝利に届かなかった。

ボーネンは、チームを通じ以下のように振り返っている。

「僕はいい位置にいたし、パワーもよかった。今日は勝つために最初に飛び出した。スピードは高く、最初にスタートした選手が勝つのは明らかだった。でも、デゲンコルブは僕を見ていて、技術的に彼は完璧だった。道を完璧に使い、完璧なタイミングで発射した。そして、すごく強かったね」

「もう少し早めにスタートしていれば勝てたと思うけど、スプリントはなるようにしかならないものさ。今週初めてスプリントしたし、再びスプリントを争えてうれしいよ。でも、正直喜べない。勝ちを狙っていたからね」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top