ツール・ド・フランスで活躍したリドレーの2015年モデル発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・フランスで活躍したリドレーの2015年モデル発表

新着 ビジネス

ノアファスト
  • ノアファスト
  • ノアファスト
  • ヘリウム
  • ヘリウムSL
  • ヘリウム
  • ティーン
  • リズ
リドレーの国内代理店となるジェイピースポーツが2015年のロード・トライアスロンモデルを発表した。

ノアFASTはリドレー独自の最新技術を駆使して作られた最高峰エアロフレームが特徴。素材や空力特性をさらに研究してフレームを新たに設計。ブレーキメーカーと共同で開発したインテグレーテッドブレーキ採用で従来モデルよりさらにエアロ効果を持つフレームとなっている。

ノアSLは、ノアと同じように作られた最高峰のバイク。リドレーを使用しているロット・ベリソルチームのフィードバックから作られたライダーが使いやすいバイク。

ヘリウムSLはロット・ベリソルの誇る最軽量オールラウンダーバイク。究極の軽量性と剛性を兼ね揃えて、下りでも不安なく剛性を発揮する。フレーム単体で750gを実現。究極の最軽量バイクとしてリドレーが誇るモデル。

ヘリウムは、ヘリウムSLからフィードバックを受けて最軽量のオールラウンダーバイク。SLより素材は異なるものの形状は同じで、コストパフォーマンスを抑えつつ軽量を実現した。フレーム単体で88g。

フェニックスは2015年の新モデルで、石畳にも耐えられるコンフォート仕様のバイク。ダウンチューブやフォークを振動吸収するように設計されており、なおかつ高剛性を実現した。ディスク仕様も販売される予定。またアルミニウムフレーム仕様のフェニックスALというバイクもあり、ヨーロッパで人気のものが日本初上陸となる予定。

リズはフェニックスと同じテクノロジーを持つスモールバイク。フレームは小さく、体格に不安のある人も乗れるような設計に。

ティーンはロット・ベリソルがタイムトライアルのときに使う専用バイク。2014年のツールで使用した最新モデル。
《上水流晋》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top