【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第11ステージ、キリエンカが単独先頭で3級山岳を越える(残り15km) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第11ステージ、キリエンカが単独先頭で3級山岳を越える(残り15km)

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第11ステージを走るバシル・キリエンカ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第11ステージを走るバシル・キリエンカ
  • バシル・キリエンカ(チームスカイ)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ、山頂ゴールまで残り9.9kmのプロフィールマップ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージのプロフィールマップ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月3日の第11ステージはパンプローナ~サントゥアリオ・デ・サンミゲルデアララル間の153.4km。レースは後半の3級山岳に差し掛かり、逃げの5人からバシル・キリエンカ(スカイ)が単独で抜け出した。

先ほどまで一緒に逃げていた4人からはピム・リヒハルト(ロット・ベリソル)とヨアン・ルボン(FDJ)が遅れ、追走はエリア・ファビッリ(ランプレ・メリダ)とペイロ・ビルバオ(カハルラル)の2人だけになった。

120.2km地点の3級山岳は、そのままキリエンカが単独で先頭通過。残り18kmで、追走の2人はカチューシャがひくメイン集団に捕まった。キリエンカまでは約2分。レースは最後の1級山岳を残すのみとなった。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top