【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km

スポーツ まとめ
【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
  • 【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
  • 【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
  • 【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
  • 【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
  • 【飯島美和のケ・セラ・セラ】ツール・ド・フランス取材で運転した距離は7000km
年に一度、世界中のロードレースファンが熱狂するフランス最大の自転車祭り、ツール・ド・フランスが終わり、2週間が経過した。

7月27日、世界一華やかな大通りと言われるパリ・シャンゼリゼでチームカーを運転して、ツール・ド・フランスを走り切った選手たちとパレード。コンコルド広場のど真ん中でシャンパンを飲んでいた夢のような時間が遠い昔のように感じるほどの脱力感に襲われつつも、すでにスペイン、サンセバスティアンでのワールドツアーレースに行き、フランスに戻ってからは夏の風物詩、ツールで活躍した選手や人気選手がヨーロッパ各地を巡業するプロクリテと呼ばれるレースを転戦している。    
このプロクリテは本気のレースとは違い、ある意味興行的なところもあるので、選手たちは家族を連れてバカンスも兼ねて参加する場合が多く、旅を楽しむ感覚で開催地が主催するパーティーを楽しんだりもしているが、自転車選手は旅好きでないと務まらないとつくづく感じる。もちろん私も含めレースに携わるすべての人間に言えること。

私は2014年1月からタイ、オーストラリア、マレーシア、スペイン、イタリア、イギリス、ベルギーとフランスを拠点に73レースに同行している。通過している国を入れれば10カ国以上行っていることになる。飛行機を乗り継ぎ、現地で車を借りるときもあれば、スペインくらいならフランスの自宅から車で行く。そしてホテルからレース会場への移動を繰り返しながら1日平均200kmのレースを追いかける。ツール・ド・フランス中に私が運転した距離は23日間で7000kmに及ぶのだから、運転嫌いでも務まらない。

私が6年前、フランスに来てこの生活が始まった当初は、毎日1泊ごとに変わるホテルの移動や知らない土地での運転にも疲れ果てていたこともあったが、今はそれを楽しめている。このレースはここが撮影ポイントだ、なんていうことから、ここではこのホテルがいいとか、この地方はこれが美味しいなんて知っているだけでゆとりができるし、たとえ初めての土地に行っても、いろんな新しい発見があったり、初めてのものに出会ったり、それがまた楽しいのだ。

これまでいろんな失敗をして悪戦苦闘しながらも、たくさんのレースをまわってきた経験が、今は大きな感動や楽しみを与えてくれる。そんな積み重ねていく大切さを感じながら自転車レースの旅はまだまだ続く。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top