【ツアー・オブ・ユタ14】第3ステージ、ベルキンのホフランドがスプリント2勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・オブ・ユタ14】第3ステージ、ベルキンのホフランドがスプリント2勝目

2014年ツアー・オブ・ユタ(UCIアメリカツアー2.1)は、8月6日、レヒ~ミラー・モータースポーツ・パーク間のほぼ平坦な190.3kmで第3ステージが行われた。

スポーツ 短信
2014年ツアー・オブ・ユタ第3ステージ、モレノ・ホフランド(ベルキン)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ユタ第3ステージ、モレノ・ホフランド(ベルキン)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ユタ第3ステージ
2014年ツアー・オブ・ユタ(UCIアメリカツアー2.1)は、8月6日、レヒ~ミラー・モータースポーツ・パーク間のほぼ平坦な190.3kmで第3ステージが行われた。

スタート直後に6人の逃げができるが、メイン集団は2~3分のタイム差でコントロール。レースは終盤にモータースポーツのサーキットを周回するが、ここですべての逃げは捕まった。

残り3kmでベルキンが集団のコントロールを奪い取ると、最後はモレノ・ホフランド(ベルキン)が第1ステージに続く今大会2勝目をスプリントでつかみとった。2位はアンドレア・パリーニ(ランプレ・メリダ)、3位はエリック・ヤング(オプタム)。

大会のプレスリリースを通じ、ホフランドは「残り1.5kmで僕の前にはチームメイトが3人いた。最終コーナーは2番手で抜ける予定だった。(チームメイトの)ロベルト・ワグナーが残り250mまで引っ張ってくれ、そこから僕は左側をキープした。右から風が吹いていたからね。完璧だったよ」と満足そうに語っている。

総合首位はユーレ・コチャン(スマートストップ)が守っている。コチャンは「横風でかなり難しいステージになったから、僕たちは先頭に留まった。ペースをコントロールしたんだ」とレースを振り返っている。
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top