【ツール・ド・ポローニュ14】ツール山岳賞のマイカはポーランドで一躍時の人に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・ポローニュ14】ツール山岳賞のマイカはポーランドで一躍時の人に

スポーツ 短信
周りに流されずマイカは冷静(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 周りに流されずマイカは冷静(ツール・ド・ポローニュ14)
  • マイカにはメディアが殺到する(ツール・ド・ポローニュ14)
  • マイカが登壇すると一斉にカメラが向けられる(ツール・ド・ポローニュ14)
  • ポーランド人同士でスタート前に談笑(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 沿道にマイカのかわいい応援団(ツール・ド・ポローニュ14)
  • KROL GORはポーランド語で山岳王の意味(ツール・ド・ポローニュ14)
東欧のポーランドを舞台にしたステージレース、第71回ツール・ド・ポローニュが8月3日に開幕した。

今回、7月に行われたツール・ド・フランスで区間2勝を挙げ、山岳賞ジャージも獲得してパリ表彰台に上ったポーランド人のラファエル・マイカ(ティンコフ・サクソ)が参加している。さすが地元というだけあってマイカの人気がすごい。

スタート地点にマイカが登場するとメディアが一気に群がりのは当然だが、ゴール地点へ行けば司会者と観客がマイカコールをしている。司会者が「ラファエル!」と声をあげると観客が「マイカ~!」と声をそろえて叫んでいるのだ。

沿道に行けばマイカの絵をかかげて応援する少女もいる。開幕前日に小さなホテルに宿泊したのだが、経営する夫婦はレースの取材に行くという話をすると「マイカが出場するよね」と嬉しそうに話してくれた。

ツール山岳賞獲得でマイカは一躍ポーランドの時の人になっている。しかしマイカ本人を見ているとそんな周りの空気に流されることもなく、冷静に対応しているようだ。

ポーランドはミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)を筆頭にプロの世界で活躍する選手が目立ってきている新興国だ。マイカの登場で国民は自転車ロードレースに対する興味がより一層強くなったことだろう。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top