【速報】新城幸也がオランダで世界の精鋭相手にトップテン入り | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【速報】新城幸也がオランダで世界の精鋭相手にトップテン入り

スポーツ 短信

アムステルゴールドレースを走る新城幸也
  • アムステルゴールドレースを走る新城幸也
  • 新城幸也
新城幸也(ヨーロッパカー)が4月20日にオランダで開催されたメジャーレース、アムステルゴールドレースで10位になった。同国最高峰のロードレースで、マーストリヒトからファルケンブルフまで34の上りを含む起伏にとんだ251.8kmに加え、「1000のカーブ」と言われるテクニカルなコースレイアウトで、クラシックと呼ばれる春のワンデーレースの中で最も難易度が高いレース。

レース序盤から10選手が先頭集団を形成。この中にヨーロッパカーのメンバーは含まれず、追う立場となる。チームとしては絶対的エースのトマ・ボクレールと、スプリントになればオリンピック銀メダリストとしての脚力を持つブライアン・コカという2枚看板。新城を含めた各選手が2人のために集団の前方で位置取り、メイン集団を動かした。

レースが動いたのはラスト40km。逃げている先頭集団とのタイム差が3分台に入ったところで、エースのボクレールがメイン集団からアタック。この動きにボクレールをマークしていた、各チームのエース格の選手も反応。6人の有力選手がペースを上げて先頭を追い上げた。

先頭10人は脱落していく選手が続出し、3人に絞られる。ボクレールを含む6人がこれに続く。メイン集団もみるみるペースが上がり、集団に残る選手も絞られる中でヨーロッパカーは3選手が前方でメイン集団をコントロール。

そして、最初に逃げていた選手たちとボクレールを含む6人も集団に吸収され、残り8km、最後の上りに勝負をかける絞られた集団の前方に新城が位置し、このレース名物の最後の上り、カウベルクの坂でアタック合戦が始まり、先頭集団は分断。ここでアタックを仕掛けたベルギーのフィリップ・ジルベール(BMC)が大会3勝を記録。

新城は12秒遅れの10位でゴール。国際ポイントを獲得し、世界選手権の出場枠を日本にもたらした。このレースでの10位は、2010年の世界選手権9位に匹敵するほどの快挙で、日本の自転車ロードレースの歴史を塗り替えたともいえる結果だ。

「今日はチームからトマ、セリル(・ゴティエ)、そして自分が勝利を狙っていくメンバーとして選ばれていた。トマがアタックしてからは次の展開に集中して
走った。走り出してすぐに調子のよさを感じ、250kmがアッと言う間だった」と新城。
「今回は自分が成績を出したが、チームメイトみんなが強かった。チームメイトに感謝したい。昨年の成績から見て今シーズンの目標の一つに掲げていたレースで調子を合わせられたことは、これまでの経験があったからだと思う。しかし、悔しさは残るので課題はまだあると感じた」

27日にはベルギーのリエージュ~バストーニュ~リェージュに出場する。
《》

編集部おすすめの記事

page top