【自転車のある風景】2014年はアデレードが“自転車最適化”する? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車のある風景】2014年はアデレードが“自転車最適化”する?

オピニオン コラム

【自転車のある風景】2014年はアデレードが“自転車最適化”する?
  • 【自転車のある風景】2014年はアデレードが“自転車最適化”する?
  • 【自転車のある風景】2014年はアデレードが“自転車最適化”する?
南半球にあるオーストラリアは、季節が北半球と逆ではあるが、一年中比較的温暖である。

また自然が多いということから、アウトドアスポーツは活発に行われている。そのスポーツの中でも自転車は、子供から大人まで年齢・性別問わず楽しめるものの一つとして、同時に日常での乗り物として楽しまれている。

さて、オーストラリアの自転車人口は、オーストラリアバイクカウンシルの調査によると、2013年10月現在、360万人と言われている。人口が2000万人超と言われているので、さほど多くのサイクリストがいるとは言えないだろう。

アデレードでは、街乗りが圧倒的に多く、週末になると、本格的にジャージに身を包んだサイクリストの姿が増える。また長期休暇などは、自転車を積んだキャンピングカーも増える。

2014年は、5月にVelo City Global 2014という国際会議がアデレードで行われるということもあり、アデレードの街の景観が少しずつ変化している。自転車に優しい街づくりということをテーマにしたこの会議は、注目すべき今後の自転車の方向性を知るイベントの一つであろう。
《さくら麻美》

編集部おすすめの記事

page top