【自転車のある風景】豪州リアル自転車コミュニティ「Bike SA」、“軽さ”がもたらす継続性 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車のある風景】豪州リアル自転車コミュニティ「Bike SA」、“軽さ”がもたらす継続性

オピニオン コラム
南オーストラリア州アデレードを拠点とし、自転車を安全に楽しむための普及活動をしている「Bike SA」という団体には、現在6000名ほどの会員がいると言われている。
  • 南オーストラリア州アデレードを拠点とし、自転車を安全に楽しむための普及活動をしている「Bike SA」という団体には、現在6000名ほどの会員がいると言われている。
南オーストラリア州アデレードを拠点とし、自転車を安全に楽しむための普及活動をしている「Bike SA」という団体には、現在6000名ほどの会員がいると言われている。

この団体の持つ独自のプログラムには、学ぶことが多い。

特に、自転車を楽しむためのライドプログラムは、ほぼ毎日どこかで開催されており、ボランティアであるリーダーが独自のコースを設定して、集まった人々と一緒に走りコミュニケーションを図るもの。

このプログラムは、速さや傾斜の有り無しなど、初級から上級まで細かなレベル分けがされており、参加者は、自分の技量に応じたグループに無料で参加することができる。自分自身の技量が分からないときには、事前にリーダーに問い合わせをすることが可能。予約をする必要もなく、決められた集合場所に自転車を持っていけば参加できる。

このボランティアリーダーは、毎週持ち回りのために、個人の負担になることもない。

またBike SAは、他にも大きなコミュニティライドのイベントや、自転車を楽しむための様々な取り組みをしている。街全体が自転車を楽しもうというこの取り組み、運営サイドも参加者も、緩やかかつ軽快なつながりが、継続性を生み出している。

(さくら麻美=フォトジャーナリスト)
《さくら麻美》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top